MENU

2016/06/01 12:30:01 |
日々起きている交通事故では、人身事故に限ればほぼ全てで被害者と加害者が存在しています。加害者側は被害者への損害賠償を支払わなければならず、被害者側はしっかりとした賠償額を受け取る権利があります。しかし、多くの交通事故の問題として、被害者側が十分な賠償額を得られていない点があります。怪我の治療費や慰謝料を含めた賠償額は、必ずしも被害者側の要求が全て通るとは限りません。時として加害者側の提示する内容と折り合わずに裁判となるケースもあり、どうしても交通事故に関する問題は大きくなりがちなのです。事故の被害者となってしまった方が十分な賠償額を得られないというのはおかしな話ですが、これには保険会社の都合も...
2016/06/01 12:30:01 |
有名な消費者金融で知名度も高いプロミスは、昔はグレーゾーン金利の高い利率での貸し付けを行っていましたが、今では上限でも17.8%までと金利を抑えた貸し付けとなっています。しかし、それでも17.8%の金利は他のローン商品に比べると高く、返済で困ってしまう方が多いのも事実です。いくら大手の消費者金融であるとは言っても返済ができなくなれば対応は厳しくなるのは当然で、違法性の高い取り立てこそしてこないものの、返済がされない方に対しては催促の連絡は日々行われることとなります。取り立てが法律に反していればそれはそれで問題ですが、大手だけあってしっかりとした貸金業法に基づいた範囲での取り立てを行うために、あ...
2016/06/01 12:30:01 |
主に借金の問題となりますが、長期間に渡って支払いをしないままでいると督促状とする書類が届く場合があります。支払いに関する督促状は非常に強い力を持つもので、そのまま放置をしていると問題がさらに大きくなってしまう場合があります。一般的に借金の返済ができなくなると、まずは返済日を忘れていないかといった内容や、入金がされていないという連絡が消費者金融や銀行、またはクレジットカード会社などから入ります。その時点では特に厳しい態度を取られることはありませんが、そのまま適当な対応をして返済をしないと、次第に連絡のペースも上がり、自宅宛に催促状などが届く場合もあります。催促状は法的に何か力を持っているといった...
2016/06/01 12:30:01 |
弁護士事務所では様々な相談、依頼を受け付けており、主に金銭が絡むトラブルに関する内容が多くなっています。どういった内容であっても解決の依頼をする前には弁護士との相談を進めることとなりますが、最近では弁護士業界も競争が激化しているため、相談時には費用がかからないとする事務所も多くなっています。一昔前は弁護士への相談となると30分でいくらなどと設定されており、話を聞くだけでお金がかかったものです。依頼をするしないは別として話をするだけでお金がかかるなどとなるとどうしても弁護士という存在はハードルが高く感じられたものですが、今では相談無料となっているために身近になってきています。相談ができる内容も様...
2016/06/01 12:30:01 |
借金返済ができなくなってきた、そろそろ返済が苦しいと感じてきた場合には、早めの解決が必要となります。返せない借金をそのままにしていることは非常にリスクが大きく、長期に渡って返済をしないと給与の差し押さえなどに発展するケースもあります。仕事がなくなって収入もなく、お金がなくて返済ができないのであれば自己破産などとなりますが、毎月の安定した収入を得ているのであれば自己破産ではない借金解決の方法もあります。そのうちの一つが、任意整理です。任意整理とは債権者との話し合いによって借金の減額、或いは借金返済の計画を立て直す手続きであり、あくまで債権者との話し合いになるので裁判所は介しません。裁判所を通す自...