MENU

事故の賠償額のトラブルも弁護士で解決が可能

日々起きている交通事故では、人身事故に限ればほぼ全てで被害者と加害者が存在しています。加害者側は被害者への損害賠償を支払わなければならず、被害者側はしっかりとした賠償額を受け取る権利があります。

 

しかし、多くの交通事故の問題として、被害者側が十分な賠償額を得られていない点があります。怪我の治療費や慰謝料を含めた賠償額は、必ずしも被害者側の要求が全て通るとは限りません。時として加害者側の提示する内容と折り合わずに裁判となるケースもあり、どうしても交通事故に関する問題は大きくなりがちなのです。

 

事故の被害者となってしまった方が十分な賠償額を得られないというのはおかしな話ですが、これには保険会社の都合もあります。多くは加害者側が加入している保険会社と賠償額に関する示談の交渉を被害者が進めることとなりますが、基本的に保険会社は示談の交渉をするつもりはなく、被害者側の状況を聞いた上でどれだけ支払額を減らせるかの話をするだけです。

 

実際にかかった治療費はその時点まで、負った怪我の今度の生活に与える影響は計算をしないなどの場合が多いため、本来は得られるはずだった賠償額を提示されないまま示談を成立させてしまい、結果として被害者側が損をしてしまうケースが多いのです。

 

ほとんどは交通事故の被害者は法律に関する内容に強くないため、保険会社が提示する条件で合意をしてしまいます。しかし、実際には更に大きな賠償額を得られる事故も多いので、法律を盾にしながらしっかりとした賠償額を得たいのであれば、まずは弁護士事務所に相談をしてみると良いでしょう。

 

交通事故問題に強いと評判の弁護士なら、保険会社が提示してきた当初の金額よりも数十倍で獲得ができる場合もあるため、損をしないためにも交通事故の示談交渉を弁護士に依頼することを考えてみるべきなのです。