MENU

プロミスの借金を債務整理で終わらせる

有名な消費者金融で知名度も高いプロミスは、昔はグレーゾーン金利の高い利率での貸し付けを行っていましたが、今では上限でも17.8%までと金利を抑えた貸し付けとなっています。しかし、それでも17.8%の金利は他のローン商品に比べると高く、返済で困ってしまう方が多いのも事実です。

 

いくら大手の消費者金融であるとは言っても返済ができなくなれば対応は厳しくなるのは当然で、違法性の高い取り立てこそしてこないものの、返済がされない方に対しては催促の連絡は日々行われることとなります。

 

取り立てが法律に反していればそれはそれで問題ですが、大手だけあってしっかりとした貸金業法に基づいた範囲での取り立てを行うために、ある意味では非常に厄介です。返済をしないのが悪いのは言うまでもありませんが、できなくなってしまったものは債務者側としても正しい手続きで解決に向けて進めなければなりません。

 

そこで考えてみたいのが、プロミスの借金の債務整理です。大きな金額での借金ではなく、収入も毎月安定して得ているようであれば任意整理による解決が良いでしょう。利息の計算もストップするために返済も進めやすく、多くの方がプロミスの債務整理に利用している手続き内容となります。

 

ほとんど弁護士事務所では債務整理に関する内容を扱っていますが、スムーズな任意整理を望むのであれば、借金問題に強い弁護士事務所を選ぶと良いでしょう。実績がある弁護士なら任意整理にも強いで、安心して依頼ができるようになります。