MENU

借金を任意整理で片付けるならまず相談

借金返済ができなくなってきた、そろそろ返済が苦しいと感じてきた場合には、早めの解決が必要となります。返せない借金をそのままにしていることは非常にリスクが大きく、長期に渡って返済をしないと給与の差し押さえなどに発展するケースもあります。

 

仕事がなくなって収入もなく、お金がなくて返済ができないのであれば自己破産などとなりますが、毎月の安定した収入を得ているのであれば自己破産ではない借金解決の方法もあります。そのうちの一つが、任意整理です。

 

任意整理とは債権者との話し合いによって借金の減額、或いは借金返済の計画を立て直す手続きであり、あくまで債権者との話し合いになるので裁判所は介しません。裁判所を通す自己破産となると官報に載ってしまうなどのデメリットがありますが、任意整理にはありません。

 

ただ、それでも任意整理を行うと信用情報機関にはネガティブな情報は記載されるので、今後数年間に渡って新たなカードが作れなくなる点には注意が必要です。

 

比較的進めやすい手続きとして返済ができない借金の解決に任意整理はよく使われますが、債権者との話し合いとなるために素人が進めてもうまくいかない場合も多いです。そこで頼れるのが任意整理に強い弁護士で、数多くの解決事例を持っている弁護士ならスムーズな任意整理を進めてくれます。

 

依頼をするとなると費用はかかりますが、それでも高い利息で借金返済を続けるよりは任意整理費用の方が安い場合が多いので、今後の支払いを考えても弁護士への依頼は悪い選択肢ではありません。