MENU

支払督促が届いた場合の正しい対処法

主に借金の問題となりますが、長期間に渡って支払いをしないままでいると督促状とする書類が届く場合があります。支払いに関する督促状は非常に強い力を持つもので、そのまま放置をしていると問題がさらに大きくなってしまう場合があります。

 

一般的に借金の返済ができなくなると、まずは返済日を忘れていないかといった内容や、入金がされていないという連絡が消費者金融や銀行、またはクレジットカード会社などから入ります。その時点では特に厳しい態度を取られることはありませんが、そのまま適当な対応をして返済をしないと、次第に連絡のペースも上がり、自宅宛に催促状などが届く場合もあります。

 

催促状は法的に何か力を持っているといったものではなく、あくまで債権者側が返済を促す通知となるので、延滞利息の発生や信用情報に与えるペナルティといった面を除けば無視をしても問題はないとも言えます。

 

しかし、催促状が届いても返済をしないままでいると、督促状が届きます。督促状は期限までに正しい手続きを取らないと強制執行に発展する可能性があるもので、給与を得ている方であれば差し押さえなどとなる可能性もあります。

 

督促状が届いても催促状は無視できたからとそのままにしてしまう方もいますが、督促状の無視は避けてください。かといって督促状が届いても返済ができないのであれば、問題が大きくなる前に督促状や訴状が届いた場合の解決法をしっかりと調べておき、トラブルにならない解決の方法を選択してください。